OPIC2017

本国際会議(OPIC)は、光・レーザー技術を基盤とした学術および産業に関する最先端の研究・開発を国際的に集結し、学術発表と技術展示を併設することにより、光・レーザー技術によりもたらされる未来社会への具体的な指針を得ることを目的として毎年開催する。
OPICは光・レーザー分野に関し、産業界(インダストリー)と学界(アカデミア)との連携・協力を促進し、光技術・光産業の振興により、科学技術に立脚した我が国の産業を継続的に発展させるため、日本の学術研究者の総力を挙げて定期的に開催する唯一の光関連の国際会議と位置付けている。2012年の第1回開催以来、毎年4月(2016年は5月)にパシフィコ横浜で開催してきたが、年々、新しい専門会議が加わり、各会議あたりの参加者数も増加するなど、日本発信の国際会議として定着してきた。2017年4月に開催するOPIC2017は第6回OPICとなる。

日時:2017年4月18日(火) – 21日(金)
場所: パシフィコ横浜・会議センターおよび展示会場

統括主催:一般社団法人OPTICS & PHOTONICS International 協議会(OPI協議会)


トピックス

専門会議トピックス

CLES/LANSA:M.Roth教授(独ダルムシュタット工科大)が来日、レーザー駆動中性子源と新しい応用に関する基調講演の予定(4月18日)

LSSE:フランスCNRSのSylvestre Maurice教授が、世界初の火星でのレーザー
計測に関して講演(LSSE2017、4月18日、10:00~11:00)

Joint Session 4月19日(水) 午後

ALPS, HEDS, XOPT Joint Session <Room 302>

13:30-15:30 ALPS, HEDS, XOPT Joint Session 1

13:30Kazuo Tanaka (Extreame Light Infrastructure -Nuclear Physics(ELI-NP))
(Invited) Implementation of Extreme Light Infrastructure-Nuclear Physics

14:00Michael Campbell (University of Rochester, USA)
(Invited) title TBD

14:30Paul B. Corkum (University of Ottawa, Canada)
(Invited)Linking high harmonics from solids and gases

15:00J. Zou1, D. N. Papadopoulos1, C. L. Blanc1, F. Druon2, L. Martin1, A. Fréneaux1, C. Bonnin1, I. Taghzout1, A. Beluze1, A. Fréneaux1, N. Lebas1, B. L. Garrec1, F.Mathieu1, and P. Audebert1
(1 Lab. pour l’Utilisation des Lasers Intenses, CNRS, Ecole Polytechnique, CEA, Univ. Pierre et Marie Curie, Palaiseau, France, 2 Lab. Charles Fabry, Inst. d’Optique, CNRS, Univ. Paris Sud, Palaiseau, France)
(Invited) Recent Advances of the Apollon 10 PW Laser

15:30-16:00Coffee Break

16:00-17:00 ALPS, HEDS, XOPT Joint Session 2

16:00Christian G. Schroer (DESY/University of Hamburg, Germany)
(Invited) Perfect X-ray focusing via fitting corrective glasses to aberrated optics

16:30Shoji Asai (The University of Tokyo, Japan)
(Invited) Probe into vacuum filed using high intensity X-ray

OMC and BISC Joint Symposium <Room 418>

13:30-15:10 OMC and BISC Joint Session 1

13:30-14:10Takeharu Nagai (Osaka Univ. ,Japan)
Bioluminescent indicator applicable to membrane voltage recording in various excitable cell types (Plenary Presentation)

14:10-14:40Peter T. C. (So, Massachusetts Institute of Technology, United States)
Cellular biophysical markers of hydroxyurea treatment in sickle cell disease (Invited Paper)

14:40-15:10Cornelia Denz (Westfälische Wilhelms-Univ. Münster, Germany)
To be announced (Invited Paper)

15:10-15:40Coffee Break

15:40-16:40 OMC and BISC Joint Session 2

15:40-15:55Ivan Gusachenko (Univ. of St Andrews, United Kingdom),
Mingzhou Chen, Kishan Dholakia (Univ. of St. Andrews, United Kingdom)
Wavefront correction enables vibrational imaging of bacteria with multimode fibre probes

15:55-16:10Naoya Matsumoto1, Alu Konno2, Takashi Inoue1, Haruyoshi Toyoda1, Toshiyuki Miwa1, Kazuhiro Nakamura1, Shigetoshi Okazaki2
(1 Hamamatsu Photonics K.K., Japan, 2 Hamamatsu Univ. School of Medicine, Japan)
Two-photon excitation microscopy with spatial light modulator

16:10-16:25Keita Saito, Yasuyuki Kimura (Kyushu Univ., Japan)
Rhythmic motion of colloidal particles driven by optical force

16:25-16:40Shota Naka, Tatsuya Shoji, Yasuyuki Tsuboi (Osaka City University, Japan)
Thermo-plasmonic manipulation of living cyanobacteria on a gold nanostructure

13:30-17:20 LEDIA LDC Joint Session <Room 301>

13:30-14:00Hiroshi Amano (Nagoya University, Japan)
Opening Remarks

14:00-14:30Kazunobu Kojima (Tohoku University, Japan)
IQE Quantification of Nitride Semiconductors ­Omnidirectional Photoluminescence (ODPL) Measurement Utilizing an Integrating Sphere­

14:30-15:00Shigeyoshi Usami (Nagoya University, Japan)
IQE Quantification of Nitride Semiconductors ­Photocurrent and Photoluminescence Measurements for InGaN Based LED­

15:00-15:30Atushi A. Yamaguchi (Kanazawa Institute of Technology, Japan)
IQE Quantification of Nitride Semiconductors ­Simultaneous Photo-acoustic and Photoluminescence Measurements for InGaN Quantum Wells­

15:30-15:50Coffee Break

15:50-16:20Charles Li (Playnitride, Taiwan)
Light Sources for Next Generation Lighting and Display Applications

16:20-16:50Tomoyoshi Shimobaba (Chiba University, Japan)
3D Display using Holography

16:50-17:20Hisayo Yoshida (PICS, Japan)
Projection Mapping

プレナリーセッション 4月19日(水) 9:00-12:10

  • 松ケ谷 和沖
    デンソー ADAS推進部長
    「自動車安全システムにおける光技術」

    美濃島 薫電気通信大学教授、JST
    「超精密光ファイバによる周波数コムとその計測応用」

  • Jeff Squier米国 コロラドスクールオブマインズ 教授
    「限界を超える:イメージングと生物学的システム操作の時空間技術を中心にして」

    新井宏二Caltech, LIGO Senior Scientist
    “Gravitational Wave Detection: Laser Interferometer Technologies in Advanced
    LIGO”

Congress Chairs

  • OPIC2017
    委員長

    中井 貞雄

    大阪大学名誉教授

    OPIC2017
    委員長

    Chris Barty

    ローレンス・リバモア
    国立研究所

    OPIC2017
    委員長

    Reinhart Poprawe

    フラウンホーファレーザー
    研究所

    OPIC2017
    IAB委員長

    伊賀 健一

    東京工業大学前学長

    OPIC2017
    組織委員会委員長

    加藤 義章

    光産業創成大学院大学

    OPIC2017
    運営委員会委員長

    阪部 周二

    京都大学

    OPIC2017
    展示委員会委員長

    山本 和久

    大阪大学

  • Conference Chairs

    ALPS’17
    議長

    米田 仁紀

    電気通信大学

    BISC/OMC’17
    共同議長

    谷田貝 豊彦

    宇都宮大学

  • BISC/OMC’17
    共同議長

    尾松 孝茂

    千葉大学

    CLES/LANSA’17
    共同議長

    西村 博明

    大阪大学

  • CLES/LANSA’17
    共同議長

    花山 良平

    光産業創成大学院大学

    HEDS2017
    議長

    兒玉 了祐

    大阪大学

  • ICNN2017
    議長

    荒川 泰彦

    東京大学

    IP’17
    議長

    早崎 芳夫

    宇都宮大学

  • LDC’17
    議長

    黒田 和男

    宇都宮大学

    LEDIA’17
    議長

    天野 浩

    名古屋大学

  • LNPC’17
    共同議長

    本間 謙輔

    広島大学

    LNPC’17
    共同議長

    Ovidiu Tesileanu

    ELI-NP

  • LSSE2017
    議長

    戎崎 俊一

    理化学研究所

    XOPT’17
    共同議長

    石川 哲也

    理化学研究所

  • XOPT’17
    共同議長

    山内 和人

    大阪大学

専門国際会議

展示会

OPIC2016 successfully held.

  • report on OPIC2016
  • photolibrary
  • Attendee